DIYの環境。

FOUR LEAF SOUND poetry soul Blog_DIY

ここちょっと、何だかアウトプットするモードじゃなくて、
ブログ投稿のリズムが崩れてしまった。

物を書くっていうのは、結構なエネルギーが必要なんだな。。

流れにのってる時はいいけど、

言葉にしていく力自体が弱ってたり、
力をどっか違うところに注ぎたいとき、

ブログやSNSを更新し続けるのは、結構大変。。

アーティストには表現の波がある。

オンとオフのシーズンというか。。

何かをpercieve…受け止めたり、じっと見ている時間。
受けた何かを外に流す時間。

静かに泳がせたり、動かない時間が、
実はすごく重要。

心をリセットして、
少し遠い距離感の中で、

何も判断することなく、

ただ呼吸する時間。

でも、最近のアーティストには、いろんなスキルや活動が求められているから、

創作に不可欠なそういうシーズンを持つことが、
少し難しい。

ネットやSNSの発達で、 “DIY” と呼ばれるアーティストたちが出現し始めた。

レーベルや事務所を介さず、直接リスナーとのコネクションを持ちながら、活動していくアーティストたち。

それは、メジャーデビューを夢見て下積みをしている訳ではなく、

レーベルやレコード会社の縛りがないところで、
自分らしい活動や表現をしていきたいアーティストたちの選択。

そんなアーティスト向けの記事やツールも、いっぱい出てる。

FOUR LEAF SOUNDも “DIY” としてゆっくりな活動をしていて、
ブログでもそんな記事を書いてきた。

その中で、1番思うのは、

DIYの限界かなと思うけど、

アーティストがアートそのものに割ける時間が
減る、ということ。

まぁ、本来、会社やチームで組んで取り組んでいたことを、
アーティスト自身が全てやっていくので、当たり前なんだけど、

マネージメントとか
マーケティング、
プロモーション。。

創作以外のスキルを学ぶことから始まり、
実際に、日々それに取り組んでいく。

器用に
なりたくないけど、

続けたかったら、
器用にならざるおえない。

器用じゃないアーティストは、
生き残るのが難しい。

「クリエイティブ」や「アーティスト」
という言葉に、

ある程度のマネージメントスキルも含まれているような
時代。

作品のことだけを考える時間が

貴重。

こうしてブログを書くことも、
頭や心の整理にもなるので、

すごくいい反面、

気づくと、明日のMV撮影の練習が出来ていなくて、

「はっっ」とする。

アーティスト活動に必要なwork/作業や仕事。

どこに比重を置くべきで、
今、何にプライオリティを置くべきか。。

見極めが、命取りになってくる。

そして、

売れることとか、
評価されること、

結果の部分から
離れたところで、

ただ、表現を深めていく。

そういう時間を持つこと。

難しいけど、

結果を重視して、
そこを怠ると、

結局、根っこが浅いまま、

枝ばっかり茂っちゃって、

いつかは、倒れるんだと思う。

そんなアーティストを、
結構見かける。

根っこ張りは、

地味で孤独。

誰も知らないところで、

多くの時間や心、
労力を費やしつつ、

それが実りある結果に
つながるのか、

どこにも保証がない。

でも、自分が心揺さぶられてきた
アーティストたちの身丈に、

少しでも近づきたいから、

そこは避けて通れない。

FOUR LEAF SOUNDの場合、いつ地面から出てくるんだ、
って話ではあるけど。。

DIYなので、

根を張りつつ、
外へも成長出来る様に

その辺りのバランスを、うまくとっていきたいな。

 

by Murabayashi

 

うつわ

FOUR LEAF SOUND poetry soul Blog_Utsuwa

つい
自分にないものに

目がいく。

羨ましく
思ったりも

する。

でも、

いざ
自分が

それを
持ったとして、

それでも、

自由で
いられる

だろうか。

多くのものを
持って

それでも

自由で
いるには

それなりの

強さとか
能力とか。。

それなりの
ものが

いる。

ないものを
得にいく前に

持ってる物を
磨きたい。

時効警察

FOUR LEAF SOUND poetry soul Blog_jiko

好きなもの」シリーズ。
もうお気づきだと思いますが、

私はドラマが好き。

アメリカ生活6年目くらいからハマったかな。

ドラマを見て日本に帰ると、
カルチャーギャップが少なくてすむ。

「あ、ドラマで見た感じの人ね。」

って感じで。

日本を知ることの、新鮮さから始まり、

今は、役者さんの演技、演出、脚本。。。などなど、
どうやって、作ってるか。。ってとこが、おもしろくて、

毎クルー、かかさず、ドラマの傾向とかは、チェックしてる。

今回は、「時効警察

もうこれは、ほっっっっっんとに大好き。

1番好きかもしれない。

ボストンのレンタルビデオ屋さんで、
偶然に見つけた。

というか、出会った。

偶然手にとって、
借りて見たら、

めっちゃくちゃおもしろくて、
どハマりした。

出会いは突然。

ストーリーは、

時効になった事件を、
趣味で捜査する警察官のお話。

時効になってるので、犯人がわかっても、
捕まえたりすることはなく、

のんびり
シュールに

終わっていく。

何よりも、登場人物の個性がすごくて、
みんなが天然。

後ろの方でおもしろいことしてたり、
ちょっとした小道具がおもしろかったり。。

見れば見る程、おもしろ発見がある。

本筋よりも、そっちの方がおもしろくて、
それだけでドラマ作ってくれないかな。。っていつも思う。

役者さんたちはみんな、
今も活躍されてる方達なので、

未だに、他のドラマとかで見かけると、

どこか、親近感と共に、
「プッ」と笑ってしまう程に、

このドラマの影響力は強い。

疲労した心に嬉しいゆるさ。

ぼーっと平和に癒されたい時間に
ぴったり!

シーズン1「時効警察」と
シーズン2「帰って来た時効警察」があるので、ぜひ。

 

by Murabayashi

 

仲間

FOUR LEAF SOUND poetry soul Blog_nakama

ブログを書き始めて数ヶ月。

2017年、37歳の今の自分が、思っていること、向き合っていることを、
こうして書き留めておくのは、すごいいいことだなぁ。。と思いながら、

毎週コツコツ書いてます、four leaf ですが、

最近思うのは、仲間の大切さ。

なんだ、当たり前のことだけど、

自分はどっちかっていうと、1人解決型タイプで、

自分の大切にしている事柄ほど、
誰かに心を許すってことを、あんまりしてこなかった。

でも、この間も記事に書きましたが、

four leaf の大切な存在になりつつある、あっちゃんこと、浅田あつし
そして、相棒のゆき。

four leaf familyと言ってもいい2人からもらった言葉を受けて、
そして、成長している自分を見て、

信頼する仲間からもらう言葉の大きさを、しみじみ思う。

特に、あっちゃんが、私の歌に対してくれた言葉は、
めっちゃめちゃ重要で、

MV撮影をしている今だからこそ、吟味すべきことだった。

あの言葉がなければ、FOUR LEAF SOUND は、
少し違う方向に行ってしまっていたかもしれない。

目を背けてしまいたい、心の芯に痛いものではあったけれど、

人を成長させる言葉は、そういうもの。

全力で向き合うべきことで、

向き合うか、流すか。。で、
FOUR LEAF SOUNDの歩みが、随分変わっていたと思う。

今更だけど、

仲間。

仲間が蒔いてくれる、正直で愛あるインプットによって、

切磋琢磨して、
研がれて、成長していく。

それを許すか、
拒むか。。

人としての力量が問われる。

あっちゃんも、
ゆきも、

会った瞬間に意気投合した訳じゃないし、
プライベートでも付き合いがあって、仲がいい訳でもない。

でも、four leaf が「この人だ」と思う、数少ない逸材。

自分を大きく変える「仲間」との出会いは、

どこにあるか、
ホント予想出来ない。

誰の言葉でも聞けばいいって訳じゃない。

自分の中に

入れたくない言葉、
入れるべきじゃない言葉の方が、

世の中には、よっぽど多く満ちていると思う。

誰の言葉に心を許すか、
吟味する必要はあるけど、

信頼する仲間から、

聞きたくない、と、

つい思ってしまう様な、
的を得た言葉が渡された時、

何歳になっても、どんな立場であろうと、

それに、ちゃんと向き合って、成長していける強さを持っていたいと、思った。

そして、そういう「仲間」の存在を、普段から大切にしていたい、と思った。

by Murabayashi

理由

FOUR LEAF SOUND poetry soul Blog_riyu

ホントは
結構

届くに充分な
ものを

持ってる。

持ってないものを
強調して

踏み出せない
一歩。

ホントは
結構

すぐそこ
なんだけど。

歌ジレンマ

FOUR LEAF SOUND poetry soul Blog_voice deficiency

ここ数ヶ月、MV撮影に多くの時間を費やしてる。

その中で、不完全すぎる自分の演奏技量と向き合わざるおえず、

出来ない
足りない

自分の無能さに、逃げたくなりつつ、実際逃げる瞬間もありつつ、
過ごしてる。

FOUR LEAF SOUND は、楽曲ありきのアーティスト性で、
シンガーの自分よりも、ソングライターの自分の方が、かなり強い。

楽曲が生まれ続けるから、FOUR LEAF SOUNDが続く。

そして、ソングライターの four leaf が、シンガーの four leaf に求める歌の技量水準が、かなり高い。

シンガーとしては、自分は本当に足りないところばかりなので、

ソングライターの自分の要求に応えるべく、

いつも四苦八苦するんだけど。。

今回のソロで弾き語るMV撮影も、少なからず、そんな面があって、

2週間後に控えた撮影に向けて、

思い描いているパフォーマンスになかなか到達できず、あわあわなってる。

到達するか、しないか。。っていうと、恐らく出来ないんだろう。

でも、到達しようと、自分の技量と向き合うことが、少し自分を前に進めてくれる。

ソングライターの four leaf が思い描いているところに、
少し近づく感覚かな。。

ぼやきながら、
頭を掻きむしりながら、

きらびやかなステージ上とは程遠いところで、
アーティストたちは、こうして、

孤独で、
リアルに泥臭い時間を

過ごすんだろうな。

痛くても、
苦しくても、

いっぱい悩んで、

この2週間、逃げつつも、この過程と、とことん、付き合えたらと思う。

どんなMVが出来上がるか、楽しみにしていてください!

 

by Murabayashi

うぬぼれ刑事

FOUR LEAF SOUND poetry soul Blog_Unubore

久しぶりの「好きなもの」話。

またか、何ですが、やっぱり好き。
宮藤官九郎さん脚本の作品。

うぬぼれ刑事

これもまた、キャスティングがめっちゃいい。
適材適所。

(キャスティングはこちらから。)

全てのキャラクターがadorable。愛らしい(?)。
二枚目も三枚目で、何かふっきれてていいし、

主演も、わきに固められた俳優陣も、ホント素晴らしい仕事をしてくれている。

ありがとう!って思わず言いたくなる。

脚本がいい、と言っても、演じる俳優さん、その俳優さんを導く(?)演出家で、作品の雰囲気が随分変わる。

変わっちゃう。。ネガティブな面もある。

この作品は、宮藤官九郎さん自身も演出に加わっていたり、以前ご紹介した「マンハッタンラブストーリー」でも演出されている土井裕泰さんも演出されている。

おもしろい。
おもしろすぎる。

ストーリーは、タイトルに「刑事」とつくだけに、刑事物なんだけど、主人公の「うぬぼれ」が、毎回、真犯人の女性に人目惚れする。

そして、逮捕か、自分と結婚するか、と迫るが、ふられる、というもの。

自分が好きなのは、うぬぼれ刑事含め、主要メンバーがいつも集まるバーでの会話。

めっちゃアホすぎる、ピュアでどうでもいい会話。
小学生みたいに真っすぐなところが、見ていて気持ちがいいし、

謎にほっとする。

今は亡くなってしまった、坂東三津五郎さんの抜けっぷりを見れるのも、いい。

疲労した1日の終わりに、
何も考えずにボーッと、楽しく面白く見れるっていうのが、
ホントありがたい。

キャラクター設定がホントいいので、

是非、一度観てみて下さい!

by Murabayashi

still swingin

FOUR LEAF SOUND poetry soul Blog "still swingin"

FOUR LEAF SOUND 10周年の今年、 “four leaf DIG” と題して、過去の作品ともう一度向き合う、という試みをしています。

その1つが、 “楽曲レビュー” で、過去の制作ストーリーを振り返る時間を持っていますが、そこに、MV撮影も加わってきました。

当初のMV撮影のきっかけは、ウェブ上に動画コンテンツのせよう!ってことしたが、

蓋を開けてみたら、この機会を通して、過去の作品と向き合わざるおえず、

過去の作品を、2017年のfour leafとしてどう表現するか。。そんなことが問われいるのかな。。なんてぼやっと考えていて、

あ!まさにこれは four leaf DIGだなぁ。。

ってことで、一連のMV撮影four leaf DIGとして、リリースしていくことにしました。

とはいえ、自分にとっては未知な分野、動画の制作をしているので、いろいろ分からないことが多く、
トラブルもあり。。で、

リリースのメドが、なかなか立ちにくいのが実状です。。

なるべく早く、お届けできるように、がんばります!

今日シェアしたいなと思ったのは、MV撮影第2弾の準備段階で、持っていた違和感について。

第2弾の撮影楽曲は “still swingin” オリジナル音源はこんな感じです。

実際にこの曲を書いたのは、10年前どころではなく、もっともっと前の話。

そして、この曲を撮影するってことで、ここ2ヶ月ほどですかね、暇を見つけては、練習していた訳なんですが、

なんだか、しっくりこない。。

(more…)