What's up?

39 REST

シリーズ化されたEPを3ヶ月スパンでリリースしていくプロジェクトを2019年4月から始動。

それぞれのEPに設けられたテーマ、その頭文字をとって、

“39 REST”

4枚の作品にはテーマに沿った楽曲を収録、シリーズを通して「リアルな等身大」で生きるストーリーを追っていきます。

 

FOLLOW US.

39 SOW x Kisui-iki

SOW

= “(種子を)蒔く”

 

傷ついたり、無駄に思えたり。。
風や鳥がどこかに運んでくれるかもしれない。。

「リアルな等身大」の種子を蒔く。

SOW Tea Blendのご購入ありがとうございました。
茶葉の香り、味とともに、「REST = 休息」をお楽しみください。

39 SOW

“39 REST” EP シリーズ vol.03
生きることは種子を蒔くこと。

 

蒔いた種の意味やその意義は、その時には見えないけど、豊かに実ることを祈って、種子を蒔き続ける。シリーズクライマックスに向けて加速し始めた作品。

収録曲
1. 言葉は 詩:谷川俊太郎 (「シャガールと木の葉」より)
2. Let’s Talk
3. 秋の風
4. Beauty in the Gap

フル音源はこちら


            

+ all other digital platforms!

 

アルバム詳細はこちら。

音楽とお茶で過ごす休息

 

5感をニュートラルにして、何かを味わう。
身につけた装いを脱いで、「じぶん」に帰る時間を。。

FOUR LEAF SOUND

アメリカと日本を行き来しながら制作を続ける女性ポエトリー・ソウル・シンガー/ソングライターTomoko Murabayashiのサウンドプロジェクト。10年間アメリカに居住していたこともあり、英語と日本語が入り混じる作風が多かったが、2019年10月に突如、全編日本語による「Mugo.ん…色っぽい/Yellow」7インチ・アナログ・シングルを日本のJET SET Recordsから独占販売でリリース。作品の意外性から、ソウル/R&B、シティ・ポップのDJの間で話題となり、発売初日に即完売。全面プロデュースしているのは、バークリー音楽大学の同期でもあるMonologことYuki Kanesaka。ポエトリーを主軸に置いたプロダクションを貫き、アメリカ仕込みの感覚で違った角度から日本語詞を奏でる。それを自ら「ポエトリーソウル」と呼んでいる。

Kisui-iki

汽水域は川と海の交ざり合う水域。淡水と海水が帯状の層をなして独特で豊かな生態が生まれます。おいしい飲み物は、人と文化の汽水域。コーヒーと茶にこだわって、スポット出店。イベントやワークショップも行います。美味しいもの、美しいこと、当ストアであつかうモノやコトが、さまざまな人の棲まう汽水域となればと願っています。